スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堀さんと宮村くん 392話感想

「読解アヘン」さんに掲載されているwebコミック「堀さんと宮村くん」の感想です。


・夕飯
まず、おみやげが仙石ってどういうことですか…。
宮村も宮村でそのことを普通に受け入れていますし…。
宮村と仙石は食事の量は似通っているんですね。
まぁ、体型もそうですし。
包丁を持ちながら「トモダチでしょ」という堀さんがちょっと恐いですね。
とにかくにぎやかな堀家に対し、仙石家は静かな食卓のようです。
人数の違いもあるんでしょうね。
この時の堀家はゲスト2名もいますし。
・痛い男
彼氏のピアスをひきちぎる想像をする女子高生ってどうなんでしょう。
彼女がそんな想像をしていて「ヨカッターー!!」っていう男子高校生ってどうなんでしょう。
まぁ、いいカップルではあります。
しかもその話を普通に友人2人にする宮村…。
本人はのろけ話のつもりなのが余計にアレですね…。
まぁ、とにかくこの2人はお似合いです、お似合い。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
初めての方はこのブログについてをご覧ください。 (2011/11/24 更新)
2011/2/13よりカテゴリ構成が大きく変わっておりますのでご注意ください。
プロフィール

水無月俊

Author:水無月俊

好きなカップリング
堀宮:仙石×レミ
べびプリ:長男×麗 ・ 海晴×麗
ネギま:朝倉×さよ ・ 朝倉×千雨

何かありましたら
mshun148[アットマーク]gmail.com
([アットマーク]を@に変換してください)
か、もしくは下のメールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ別RSSリンクの表示
このブログのカテゴリ別RSSです。
リンク
順不同、敬称略です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。